365日 24時間対応

葬儀のしきたり

末期の水

死に逝く者に対して、家族が枕元に寄って順番にその口許を水で潤すことを『末期の水』あるいは「死(に)水」を取るといいます。新しい筆か、箸の先に脱脂綿を巻いて糸で縛り、それに水をふくませて、軽く口を湿らせます。
この作法は、本来死者の命が蘇ることを願って行うもので、死者に何かをしてあげたいという遺族の心情にふさわしい儀式といえるでしょう。かつては臨終の間際に行われるものでしたが、現在では息を引き取ったあとに行います。

北枕と枕飾り

仏式では亡くなられた人を自宅に安置するとき仏間、あるいは座敷に故人の頭を北に向けた『北枕』で安置します。事情によって北枕にできないときには、西枕にします。
これはお釈迦様が入滅(亡くなられた)されたとき、頭を北にし、顔を西に向けられた姿の故事に由来します。


遺体を安置したあとは『枕飾り』を準備します。故人の枕元に小机を置き、その上に三つ具足(ローソク立て、香炉、花立て)の他、鈴(リン)を用意し、花立にはシキミを飾ります。そして線香、ローソクを立てて火をつけます。
線香とローソクは消えないように、遺族の人が、交替で見守ります。


枕飾りのローソクの光は仏の光明を意味し、線香の煙は仏の食物を意味しています。又、灯りは死者が迷わないように道を照らすという意味があります。
シキミは、その実が毒のため、「あしき実」からシキミと呼ばれるようになったといわれています。大変に生命力の強い木で、魔除けにもなるので昔から墓などにも植えられました。

枕飯・枕団子、守り刀

枕飾りには、ローソク、線香のほかに湯呑みやコップにいれた水、『枕飯』『枕団子』などを供えます。
『枕飯』は故人の使った茶碗を用意しご飯を山盛りにし、その上に箸を1本立ててお供えします。
また、故人の枕元、あるいは胸の上に『守り刀』を置きます。しかしこれらは、浄土真宗系では不要とされますし、枕団子と枕飯のどちらかとするなど、宗派や土地の習俗により異なります。

神棚封じ

家族の誰かが亡くなった場合、神棚には白紙(白い半紙)を貼って封印する事を『神棚封じ』といいます。これは、神道が穢れを避けることから死穢が神棚におよばないようにということで行います。
この作業は、忌みがかっていない他人に頼んでやってもらうこととされ、忌明けまで貼っておき、忌明けとともに取り除きます。この間、神棚は閉ざされていますので、普段のお参りは中断します。

逆さごと

葬儀に関係するものごとでは、通常の逆に行う『逆さごと』というものが行われています。
例えば故人の衣装(帷子)を左前に着せる。水にお湯を注いでぬるくする「逆さ水」。ひもの結び目を縦結びにする。といった作法が残されています。
これは、「死」という非日常の事態に対処するために古来よりさまざまになされてきました。

死装束

納棺に先立って、故人に白い経帷子『死装束』を着せます。経帷子は手甲や脚絆、そして白の頭陀袋から組み合わされます。かつて故人に着せる死装束は、故人とゆかりのある女性の手によって糸尻を留めずに縫われました。
故人に着せるにあたっては遺族の手で行うことが大切です。経帷子は本来巡礼の装束で、死後は西方浄土に向けて巡礼に出発するという発想があります。

喪服

喪主・遺族
弔問客を迎える遺族の服装は、通夜までは地味な服装でかまいませんが、通夜には喪服に着替えます。


格式の差
喪服には正、準、略などの格式の差があり、遺族は葬儀の主催者ということで、弔問客より一段上の喪服を着ますが、通夜では略式喪服でかまいません。


通夜 男性編
ブラックスーツに黒のネクタイ。和装は三つ紋程度の羽織、着物に縞袴


通夜 女性編
黒のスーツ、アンサンブルあるいは紺やグレーなどの無地のワンピース。和装なら色無地に黒の帯を締めます。


通夜 学生編
男女ともに制服が喪服となります。なければ黒または地味な服装(グレーなど)


葬儀
一般的に正喪服を着用します。喪主や遺族は葬儀の主催者であり、故人の身近な関係者としてできるだけ正、準喪服を着ます。


正喪服とは
男性の洋装の場合はモーニング、和装なら黒の五つ紋付の羽織と縞の袴です。
モーニングには黒のベストとネクタイを合わせます。
女性の洋装は、黒の無地のワンピース、スーツ、アンサンブル。和装は黒の五つ紋の着物に黒の帯。


準喪服
黒色のスーツ、ワンピース、ツーピース、アンサンブルなどで、上下揃いの素材にします。ボタン、バックルは共布か光沢のない共色にします。 靴は飾りのない黒のパンプスが正式です。


通夜の弔問者
通夜の服装は、男性は黒の略礼服が多くなりました。また、黒っぽいスーツを着ている人も見かけます。これは、通夜は急いで駆けつけるという意味もあって失礼にはなりません。
女性は黒っぽいワンピースかツーピース。和装なら紋つき羽織を着けています。


葬儀・告別式の会葬者
一般の弔問客は略式の喪服でよいでしょう。女性の場合も、黒のワンピースか、ツーピース。和装なら黒の一つ紋の着物、帯やハンドバックなども黒のものを用います。 アクセサリーはつけませんが、真珠の一連のネックレスを。二連は付けません。

焼香

通夜では、僧侶の読経中に焼香するケースが多く見られます。焼香には、立礼の焼香、座礼の焼香があります。式場が狭い場合には、香と香炉を盆にのせて回し焼香を行います。
焼香回数は宗派によって違います。


〔天台宗〕 回数については特に定めがない
〔真言宗〕 通常3回
〔浄土宗〕 特に定めがない。
〔臨済宗〕 回数にこだわらないが通常1回
〔曹洞宗〕 回数にこだわらないが通常2回
〔日蓮宗〕 通常3回
※以上の宗派の場合には香を額に戴いて焼香します


〔浄土真宗〕 本願寺派は1回、大谷派は2回
※香を戴くことはしない

玉串奉奠(タマグシホウテン)

神式の葬儀で行う「玉串奉奠」は、仏式の焼香にあたるものといってよいでしょう。玉串とは榊の小枝に紙垂(しで)をつけたものです。玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、神に捧げるという意味がこめられています。

献花

キリスト教式による通夜や葬儀では、献花が行われます。このしきたりは、本来、キリスト教の儀礼にはないものでしたが、いわば仏式の焼香にかわるものとして、祭壇の前に一人一人が花を捧げるという行為がうまれました。献花によく用いられる花はキクやカーネーションです。

香典

香典は、葬儀に出席する場合に、香典袋に入れて、通夜、あるいは葬儀の時に持参します。香典金額については身上の者に相談したり、あるいは最新のデータなどを取り寄せて参考にするケースが多いようです。
※葬儀・法要のマナー参照

〔香典を持参する方法〕
地味な色の袱紗(ふくさ)に包むようにします。袱紗は、直接ポケットやバッグにいれても香典袋が折れたりしわにならないようにするためです。包むときはつめを左側にして中央に香典を置き、右、下、上の順にたたみます。

表書き

香典やお布施の表書きは、儀式を行う宗教(仏式、神式、キリスト式等)によって、異なりますし、また葬儀・法要によっても異なります。現在市販されている不祝儀袋には、あらかじめ表書きが印刷されている場合がありますので、これを使用される方が多くなりました。
仏式の葬儀には「御香奠」「御香典」とします。神式の香典は「御玉串料」キリスト教式の香典には「御花料」とします。
また「御霊前」は各宗教に用いることができます。


〔書く位置〕
水引ラインからわずかに下がった中央に氏名を書き、裏面の左端に金額と氏名・住所を書きます。
中袋に書くときは、裏面右側に金額、左端に住所・氏名を書きます。住所は、受け取られた方が記録を付けますので、必ず記します。連名の場合、表に氏名を書くのは3名までで、右側に目上の人の名前を入れます。
人数がそれ以上の場合は、「○○課一同」「○○会一同」などと下記、全員の住所・氏名を別紙に書いて中包みにいれます。

服喪

喪とは人の死後、親族が家族の死を悼んで、特定の期間遊びや笑いをつつしみ、酒肉を絶って家に謹慎することをいいます。しかし、現在では葬儀・法要以外は喪服を脱ぎ、普段と同じ生活をするようになりました。
喪中はできるだけ派手なレジャーや遊興をさけ結婚式の出席や神社の参拝、年始参りも控えるのが普通です。一般には、四十九日までが「忌中」、一周忌までが「喪中」とされます。
なお、喪に服する近親者とは配偶者と一親等(父母、子ども)、二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)の血族を目安とします。

年賀欠礼

喪中の期間中に新年を迎えるときは、年賀欠礼をだす習慣があります。
通常、欠礼の範囲は二親等までの親族、もしくは故人と同居していた場合です。具体的には父母、配偶者の父母、子、兄弟姉妹、祖父母、配偶者の祖父母、孫、配偶者の兄弟姉妹が二親等までの親族になります。
しかし、祖父母、配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹をなくした場合には、故人と同居していなければ欠礼としないことが多くなっています。
また、公私を分けて考えるならば、配偶者側の喪である場合など、仕事関係先への欠礼を省略して、例年通り年賀状を出すこともあります。

葬儀に関するお困り事、事前準備や遺品整理などのご相談も承ります

365日24時間対応

  

0120-797900