365日 24時間対応

喪主の役割

喪主になるのは・・・

喪主になるのは・・・
葬儀を主催し、遺族を代表して弔問を受ける立場にあるのが喪主です。以前は法律上の相続人で主に男性がつとめましたが、最近では性別にかかわらず、故人ともっとも縁の深い人を喪主に選ぶことがほとんどです。

施主とは・・・
〔喪主〕とは祭祀を執り行う人であるのに対して〔施主〕は“布施する主”の意味で、葬儀費用を負担して、運営をする責任者のことです。喪主=施主という場合が多いですが、亡くなられたご主人の奥様が喪主で、息子さんが施主という場合などもみられます。

役割1 ご自身の宗派である寺の僧侶に葬儀を依頼する

菩提寺があれば、その寺の僧侶に家族が亡くなったことを連絡して、葬儀を依頼します。
菩提寺がない場合は、葬儀社に相談し、紹介してもらうこともできます。

役割2 葬儀社と打合せ

通夜・葬儀の日程、式場の場所、形式などを決定し、打合せをします。

役割3 親戚・関係者などへの連絡をする

親戚を初め、故人と縁のあった方たちへの連絡と、喪主の勤務先など関係者への連絡をする。

役割4 会葬者・弔問客、僧侶の応対

喪主の役目は故人に代わり、弔問をうけること。さまざまな会葬者の弔問を、通夜、葬儀を通して受けるのが一番の役目です。
また、通夜、葬儀に迎える僧侶のおもてなしも、大切な役割です。

役割5 挨拶

葬儀式終了後、出棺前に出棺の見送りをしてくれる会葬者に対して御礼の挨拶をします。また、初七日法要のあと、精進落としのもてなしをする際、一同がそろったら、会食に入る前に、お世話になったお礼の挨拶をします。
そして、ご近所などでお手伝いをしてくれた方や特にお世話になった人などがあれば、後日、お礼の挨拶をします。

役割6 事務引継ぎ・支払い

葬儀事務(受付係り、香典担当、供物記録係り、会計等)の引継ぎをします。
寺院への布施は、葬儀が終わったら、翌日か翌々日にはお礼の挨拶に出向き葬儀の謝礼(布施)を渡します。葬儀社への支払いも請求書が届き次第、済ませます。

役割7 香典返し

香典返しを贈るのは、通常、三十五日や四十九日の忌明けを迎えたころで、あいさつ状と一緒に送ります。なお、地方によっては葬儀の当日に(当地域知多半島でも)渡すところもあります。

役割8 各手続き(死亡届け、年金など)と納骨

通夜の前には、死亡届を出し、火葬許可証を受領します。葬儀後には、年金や生命保険その他各種手続きを行います。また、仏壇、墓石を用意し、遺骨を納骨します。

役割9 法要・四十九日、一周忌

喪主は、葬儀だけでなく、その後の法要など祭祀の継承者にもなります。しかし、祭祀の継承者は相続人以外にも指定できますので、遺族で話し合いをして決定します。

是非、ご相談してください

喪主にはやるべきことが非常に多く大変ではありますが、葬儀社のアドバイスがあるので、それほど難しく考える必要はありません。困ったときは、遠慮なく相談してください。
葬儀社との葬儀費用や段取りの打合せも、喪主ひとりではなく、息子や娘、又は親族の方にもお願いしてもよいでしょう。上記のことを全て喪主一人で行うと精神的にも肉体的にもかなりのご負担になりますので、喪主は会葬者・弔問者・僧侶の応対等をメインに考え、あとの仕事は他の方に協力を依頼してもいいかもしれません。

葬儀に関するお困り事、事前準備や遺品整理などのご相談も承ります

365日24時間対応

  

0120-797900