365日 24時間対応

焼香マナー

お焼香の心得

曹洞宗のお焼香作法、香を焚く回数は、一般的に2回とされています。
1度目は、亡くなられた方のご冥福や、感謝の気持ちをしっかりと込めお焚きします。
2度目は、1度目に込めた気持ちが、亡くなられた方へしっかりと届くように、香を足します。

お焼香の心得

東本願寺を本山とする真宗大谷派では、故人の冥福をお祈りしたり、その行く末を案ずるといった事は致しません。お焼香をするのは、自身の体や心を整え、落ち着かせる為だと言われています。

お焼香の心得

神道の玉串奉奠は、お酒やお米などを神前にお供えする事と同じ意味で行います。しかし、儀式中に一人一人が気持ちを込めて行う玉串奉奠は、より格別な意味のあるお供え物であるとされています。

葬儀に関するお困り事、事前準備や遺品整理などのご相談も承ります

365日24時間対応

  

0120-797900